NEWS & TOPICS!

TOPICS トピックス

トピックス2018.11.26

帝塚山小学校へお昼寝インタビューに行ってきました!

10月末、学校法人 帝塚山学園 帝塚山小学校へお昼寝インタビューに行ってきました。帝塚山小学校の子ども達は、同校の主導で2017年12月からお昼休み後15分間のお昼寝をスタートし、4月からは西川リビングの眠育アイテム「手作りキッズまくら」の材料で作ったお昼寝用オリジナルまくら(非売品)を使用してお昼寝を続けています。

各学年(1年生~6年生)の代表の子ども達に協力してもらい、お昼寝についてたくさんお話を聞かせてもらいました♪
「授業中眠くなることが減った」「午後の体育の授業や休憩時間も元気よく体を動かせるようになった」など嬉しい言葉をたくさんいただきました。

また、お昼寝まくらの使い心地については、「気持ちよくて気に入っている」「いろんな寝方ができておもしろい」と好印象!
一方で「もっとふわふわのがいいなぁ…。」「机の角が当たって痛い」などこれから改善すべきポイントも聞くことができたので今後の眠育アイテム開発の参考にしていきたいと思います!

その後は、実際にお昼寝をしている教室にもお邪魔しました♪

折りたたんで頭や腕をくるんだり、高さを調整していたり…みんな独自の使い方でぐっすり眠っていました。zzZ
子ども達は、4月の取材時よりお昼寝をすることやお昼寝まくらを使うことにずいぶん慣れた様子が伺えました。

先生も子ども達と一緒に夢の中へ☆
先生方にもお話を伺いました。
「毎日、学校終わりも習い事や遊びに取り組む子ども達を少しでも休ませてあげたいので、お昼寝タイムがあるのは嬉しい」「自身も落ち着いて休めるので心身ともに切り替えができて嬉しい」ということでした。

あっという間にお昼寝タイム終了!
気持ち良すぎてなかなか起きられない子には、周りの子ども達が声をかけて起こしてあげていました。

帝塚山小学校の皆さまご協力ありがとうございました☆

今後も帝塚山小学校と西川リビングは共に、子ども達のねむりと未来のための眠育活動に取り組んでいきます!

もどる

ページトップ